炭水化物を食べないようにしてはお腹をへこます

お腹をへこませたい人は、炭水化物を食べないことです。色々な食材を食べずにダイエットしましたが、やはり、この炭水化物を抜くのが1番お腹をへこますのには効果的でした。食欲がなくてご飯やパンを食べなかった時にも、やはりお腹がへこみました。ご飯やパン、スパゲッティやうどんを抜いて食事をすればいいのですから、とっても簡単な方法だと思います。

でも、いきなりその炭水化物をまったく抜いてしまうのは難しいのです。除々にその量を減らしていくのがポイントです。最初はお茶碗1杯を半分にしてみます。それが慣れてきたら、今度はその半分にしてみるのです。ご飯はそのまま食べた方が、より美味しく食べれますから、量を抑えることができます。

ご飯を食べる時には、おかずを食べたらちょっとご飯を食べるという感じで食べるといいです。ガツガツと食べてしまうとやっぱりたくさんの量を食べてしまうことになるので、おかずを多めに食べることがポイントです。それからちょっとご飯を食べれば、そんなにご飯の量を欲しがらなくなります。

ご飯の量を減らすには、色々なおかずを作ることもポイントです。おかずは焼き魚やサラダ、和え物などを最低でも3つ作っておきます。それを並べておきます。食べる前には、コップの1杯の水かお湯を飲んでおくのがポイントです。それから味が薄いものから食べていきます。次に味が濃いものと食べていくのです。最後に味の濃いおかずを食べます。水を飲んでおけば、そんなに量をたくさん食べなくてすみます。

そして、少ないご飯の量に慣れてきたら、今度はご飯をまったく食べないようにします。ご飯を食べないようにするには、そのお米を買わないことです。パンやうどんなども買わず、代わりに野菜を買うようにします。野菜はお腹に溜まるものを選ぶようにするのがポイントです。モヤシやトマトなどです。それをご飯の代わりに必ず食べるようにします。

トマトは1日に1個は食べるようにして、モヤシは250gは食べるようにします。色々なアレンジ方法で調理方法にしては食べるのがポイントです。なるべく料理は味を濃い目に作ることがポイントです。その料理は、煮たり、焼いたりするのも良い方法です。味をしっかりと付けることで、より満腹感を得ることができます。

イモ類もお腹をへこますには、あまり食べない方が良いです。ジャガイモやサツマイモ、サトイモなどは控えるようにします。又、人参やトウモロコシのような糖分の多い野菜も控えた料理を作るのが、お腹をへこます方法です。